ロシアの軍事的な動きが活発化!? 千島列島やウクライナ国境では何が起こっているのか? 一般社団法人DSC 自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

グル―パーズ

ロシアの軍事的な動きが活発化!?

自衛隊応援クラブのニュース

一般社団法人DSC

一般社団法人DSC

一般社団法人DSC

2021-12-14

ロシアの軍事的な動きが活発化!? - 千島列島やウクライナ国境では何が起こっているのか?

千島列島やウクライナ国境では何が起こっているのか?

北大西洋条約機構(NATO)は11月30日、ラトビアの首都リガで外相理事会を開き、ウクライナの国境地帯などでロシア軍が部隊を増強している問題について協議した。加盟国はロシアに対し、緊張の緩和を呼びかけることで一致した。


ロシアが千島列島の松輪島にミサイルシステムを配備。軍事力強化鮮明に!

ロシア国防省は2日、ロシア軍が北方領土の北東にある千島列島の松輪島に地対艦ミサイルシステムを配備して運用を始めたと発表し、北方領土を含むこの地域の軍事力を一層、強化する姿勢を鮮明にしている。

発表によると、1年を通して活動できる海軍の施設も設置されたということで、「バスチオン」が配備され、今後、周辺海域を常時監視するとしているという。

かつて日本が統治し旧日本軍の飛行場があった松輪島は、これまで無人島となっていたが、ロシアはオホーツク海と太平洋を結ぶこの周辺地域を軍事的な要衝の1つと位置づけて、北方領土を含む島々の軍事インフラの整備を進めているようだ。
5年前には、松輪島の南にある北方領土の択捉島と国後島に地対艦ミサイルシステムがそれぞれ配備されていて、この地域の軍事力を一層、強化する姿勢を鮮明にしているといえる。
バスチオンは、ロシアが実効支配する北方領土の択捉島に2016年に配備済みで、インタファクスは今回、その射程を最大500キロと報じた。


ロシアが、ウクライナ国境に兵力を集結。年初に17.5万人規模の侵攻作戦か?

米紙ワシントン・ポストは5日までに、米情報機関からの報告として、ロシアがウクライナ国境に兵力を集結し、来年初めにも最大17万5000人規模の侵攻作戦を計画していると伝えた。

ロシアによる兵力集結は米欧がかねて指摘し、警戒感を強めていたのだが、当局者らによると、ロシアは現時点で、長期戦に必要な衛生部隊や燃料の供給ラインをただちに立ち上げられる態勢にある。現在の装備は前線部隊で7~10日間、支援部隊なら最大1カ月間の戦闘に耐えるとみられる。

米情報機関によると、年初にも予想される侵攻は、ロシアが今春集結した兵力の2倍の規模になると考えられる。先月の画像に基づく推定では、すでにその半数が国境付近に展開しているという。
マコンビル陸軍参謀総長は4日、ロシア軍が現在、ウクライナ国境に約9万5000~10万人の兵力を配置していると明言。今後の計画は不明だとしたうえで、強い懸念を示した。

ホワイトハウスのサキ大統領報道官によると、バイデン大統領は7日、プーチン・ロシア大統領とのオンライン会談で、ロシア軍の動きに対する懸念とウクライナ支援の立場を改めて表明する。

バイデン氏は3日、ロシアによる侵攻を阻止するために強い対抗措置を取ると表明した。米当局者によると、具体的にはプーチン氏周辺の富裕層に対する新たな制裁や、ウクライナへの軍事支援拡大などが検討されている。


米露首脳、7日にオンライン会談を開催。ウクライナ国境のロシア軍増強議題か。

タス通信などは4日、米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領が今月7日、オンライン形式で会談すると伝えた。会談では、ロシア軍が、隣国のウクライナとの国境地帯で部隊を増強させている問題などが主要議題になるものとみられている。

ロシアの動きにより、世界情勢が不安定になれば日本の自衛隊にも小さくない動きが見られることは間違いないと思われる。この2年間にも及ぶパンデミックの中で、今こそ世界は手を取り合うべきかと考えるが、事態はそう簡単ではなさそうだ。


(画像は外務省ホームページより)


■参考
読売新聞オンライン: https://www.yomiuri.co.jp/world/20211201-OYT1T50114/
NHK: https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013372301000.html
CNN: https://www.cnn.co.jp/world/35180392.html


その他の記事一覧はコチラ:https://dsc.or.jp/News/allLists/type_news
会報誌についてはコチラ:https://dsc.or.jp/News/lists/newsletter
DSC取扱い商品の紹介はコチラ:https://dsc.or.jp/ad_sennin.html


ロシアの軍事的動きが活発化。 軍事 ロシア