今こそ防衛について考えよう! 書籍『防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割』刊行のお知らせ。 中国の「軍事外交」と「防衛外交」の潮流とは。 一般社団法人DSC 自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

自衛隊応援クラブ

グル―パーズ

今こそ防衛について考えよう! 書籍『防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割』刊行のお知らせ。

自衛隊応援クラブのニュース

一般社団法人DSC

一般社団法人DSC

一般社団法人DSC

2021-11-12

今こそ防衛について考えよう! 書籍『防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割』刊行のお知らせ。 - 中国の「軍事外交」と「防衛外交」の潮流とは。

中国の「軍事外交」と「防衛外交」の潮流とは。

日米安全保障や、中国・ロシアとの関係など毎日のようにニュースで取り上げられる昨今だが、これからの日本が平和を維持するために何が必要で、どのような外交をしていく必要があるのか? ぜひこの機会に深く考えてみてはいかがだろうか。

公益財団法人笹川平和財団は、安全保障研究グループが実施している「日本の防衛外交」研究事業の成果として、書籍「防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割」を2021年10月29日に刊行した。

内容は、冷戦後、軍事アセットを使って相手国との関係強化や地域の安定化を図る「防衛外交」が行われるようになってきた。アジアでも中国の軍事外交が活発化し、それに対抗する防衛外交が各国、急ピッチで進んでいる。日本の安全保障を考える上で避けて通れないこの新しい潮流を、新進の研究者や防衛省・自衛隊の元幹部が正面から論じているというもの。

現在、岸田首相が発表した国家安全保障戦略の改定作業も本格化することが想定され、現行の防衛大綱(2018年12月)で防衛の基本方針の3本目の柱として据えられた「安全保障協力の強化」も深化することが窺(うかが)われる。
これを機に、本書と併せて政策提言「日本の防衛外交強化に向けて」(2021年10月)もご覧になってはいかがだろうか。(https://www.spf.org/security/publications/20211015.html


タイトル:「防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割」
著者:渡部恒雄 編・西田一平太 編
発行:株式会社 勁草書房 定価:4,400 円(税込)
刊行日:2021 年 10 月 29 日 (書店には 11 月上旬にて発売開始予定)
問い合わせ先:公益財団法人笹川平和財団 コミュニケーション企画部広報課
Tel. 03-5157-5389
詳細はコチラ:https://www.spf.org/security/publications/20211102.html


書籍『防衛外交とは何かー平時における軍事力の役割』。 外交 防衛